『熱海土石流災害』大雨、盛土、メガソーラー等 原因について考えてみる。

 2021年7月3日 10時半ごろ静岡県熱海市伊豆山地区の逢初川あいぞめがわで土石流が発生した。
生存率が下がる72時間が過ぎてしまった今日、発生4日目7月7日(水)昨日3人の死亡を確認し、死者の合計は7人となった。(122戸に被災、44戸流失現在安否不明者が27人。)

 お亡くなりになった方々へお悔やみ申し上げます。
また、安否が確認されていない方々の早急なる安否確認と安全をお祈りいたします。

目次

事故の状況把握

 土石流は伊豆山地区の逢初川あいぞめがわを海までの約2㎞に渡り流れた。
2日から大雨が降り危険な状況になっていた。2日午前10時、市内全域に5段階の警戒レベル中3番目に高い「高齢者等避難」を発表、その後約30分後の3日午前11時5分、最も高い「緊急安全確保」を出していた。

土石流発生

熱海土石流

 土石流は複数回起きており、被害をより大きなものにしたと思われる。
逢初川上流で開発工事に伴う盛土、約5万㎥と周囲を含めると10万㎥の土砂が流れ被害を拡大させたと見られる。

 今回の土砂崩れは、岩盤の表面だけが崩壊した「表層崩壊」ではなく、岩盤から根こそぎ壊れる「深層崩壊」であることが写真で分かる。崩れた斜面から地下水が流れ出る様子が、確認されている。(「パイプ流」と呼ばれる地下水の通り道)

 テレビのニュースで現地のおばあさん(76歳?)が、「この辺は頑固な土地だから家を建てた。私は四十数年住んでいるがこんな事は初めてです。」と言っていました。このことからそう簡単に、この山は崩れたりしないという事が分かります。

事故の真相、原因究明

 ネットなどでは「メガソーラー」説が原因である事が多く見受けられますが、「ネトウヨ」は皆メガソーラー説を言っているが、全く関係ない。と言っているのが「オパヨ」です。
私はどちらにも偏らないで検証してみたいと思います。

第一の原因 『雨』

 当時、記録的大雨が降っていた。

 気象庁によりますと、静岡県熱海市では網代で3日午後3時半までの48時間降水量が408.5ミリを観測。これは1976年の観測開始以来、7月として史上最大です。7月、1カ月の平年降水量は242.5ミリ。わずか2日間で1カ月分の雨量を大きく上回ったのです。

YAHOO! Japan ニュース

確かにこの雨量ではおばあさんが言っていたように、「頑固な土地」であっても土砂崩れが発生してもおかしくありません。
他の場所で土砂崩れが起きなかった事が、良かったくらいだと思います。

第二の原因 『盛土』

熱海土石流、盛土崩壊

 ごっそりと深層崩壊により岩盤から盛土が土石流として流されたのが分かります。
この盛土はいつもの雨とは違う大量な雨を含んだため、崩れてしまったのだろう。

 熱海の地形は山が多く、山から海までの距離が比較的短いために急な坂が多い。今回土石流のあった現地も比較的勾配があったため、土石流の流れは早くエネルギーも増し、破壊力も増大したものと思います。

 また、この盛土は正規のものではない疑いもあり、不法投棄の疑いすらあったようだ。廃水処理について私は詳しいことは分かりませんが、工事はなされていなかったようです。

このことから、盛土は崩壊しやすい土砂で急勾配に盛土され、廃水処理がされていないところに大雨が降りこらえきれないほどの水分を含んだために、崩壊すべく崩壊したと考えられる。

第三の原因 『メガソーラー』

 この地図から分から崩壊した盛土の場所からメガソーラーまではかなりの近距離で有ることが分かります。(メガソーラー設置前の地図)

 この写真を見ると、崩壊した場所からメガソーラーまで20㍍ ~ 50㍍位しか離れてないことが分かります。メガソーラーの位置は崩壊した場所より高い位置にあります。
そもそもこのソーラーパネルが設置されている場所は、『土砂流出防備保安林』なので本来設置出来ないはずです。設置の許可を出すのは県なので、何らかの闇を感じてしまうのは私だけでしょうか?

 下の2枚の写真はメガソーラーを空から撮った写真です。脇の道にひび割れが入っているのが分かります。このひび割れはおそらく、盛土が崩壊し崩れていく時に加わった力により出来たひび割れかと思います。

 写真を見て分かりますが、このソーラーパネルの設置はかなり広大な面積の木々を伐採しており自然な保水力を考えると貧弱性を感じます。
保水力を失ったところにこのひび割れ、土砂崩れの可能性は大きいと思います。2次、3次の災害が起きないことを願うばかりです。

 少し前に書いた「パイプ流」ですが、この保水力の貧弱性が原因とも考えられます。「パイプ流」として盛土の土中に流れ込みダメ押ししたのではとも考えられますね。

私の見解

 結論から言いますと、要因を特定することは出来ません。これら全てが絡んで起きた人災事故かと思われます。これもまた、しっかりした調査が必要かと思いますが、偏りのない解明を急いでもらいたいものです。

 細野豪志衆議院議員にも協力頂ければ、大変力強くありがたく思います。是非、頑張っていただきたいですね。

 何よりも安否の確認と犠牲者の救出を優先したいです。
ご足労頂いてる自衛隊の皆様や警察官の皆様、救出に携わっている皆様方や泥だらけになって頑張っている救助犬、ありがとうございます。くれぐれも怪我の無いようお願いします。

じじぃの一言

 こうして見てみると色々な不正が目に付きます。そこには利権の闇が存在しているのかもしれません。

ガチガチな 『右 Vs 左』 の戦い

 メディアで「熱海土石流」と検索すると、「メガソーラー」がヒットされる。「災害の原因はメガソーラーではない」と言い切っているのは左側オパヨの人達、それに対して右側ネトウヨの人達はメガソーラーを多く引合に出し、メガソーラーを問題提起の主役に抜擢ばってきしようとしている。でも実際崩壊したのは盛土だという事は明らかなので、その因果関係を示唆しさする問題に集中している。

 ここで少し気になる事があるので紹介しておきます。
左の写真は「朝日新聞社」が出したソーラー設置写真だが、少し違和感を感じませんか?
ソーラーパネルの傾きが崩壊現場の反対側に向いているのがお分かり頂けるかと思います。他のソーラー写真はこのような見え方はしていないのですが、写し方なのか、たまたまこのように撮れたのか分かりませんが、少し違和感を感じるのは私だけでしょうか。

 違和感と言えば初めの頃、静岡県知事の川勝平太知事のインタビューで原因について問われた時、はなから盛土を指摘しメガソーラーについてはえて触れないようにしようといているのが見え見えだったのがいやらしく感じました。

川勝 平太 静岡県知事

 今年6月に県知事選があり3度目当選をしたばかりの川勝知事、心機早々日本中を揺るがす「熱海土石流災害」とはついていない。

 「川勝平太」で検索すると、出てくる出てくるビックリするくらい検索に引っ掛って来ます。
内容はと言うと、あまり褒められたものは無く右側の標的になっています。確かに私的にもあまり歓心は出来ないと思っている事は事実です。

 川勝知事の思想は、中国人民を数千万人殺した「毛沢東」やナチスより酷いと言われている新疆ウイグル、チベット、モンゴルなどへのジェノサイドを行っている世界からの嫌われ者「習近平」そして、国民をマインドコントロールして世界一の反日でファシズム的な国家、歴史を捻じ曲げ真実を知らない、息をするように嘘を言う、ユスリ、タカリ、キョウカツ国家の韓国を崇拝してやまないと言うネット上で噂・話題が多い川勝知事です。

川勝知事と利権と環境問題

 川勝知事がリニア問題(大井川の水脈問題)でリニア工事を止めていますが、中国もリニアを進めています。もしかして、中国にトップの座を譲ろうとしているのか?大井川の水源地を中国に売却しようとしているのか?等の噂が出てしまうのも仕方がないことかもしれない。何にせよ、何らかの利権が絡んでいそうな雰囲気があるのはになめない。

 ソーラーパネル設置について考えてみると、「環境にいいからソーラーを設置」は全く違うと思う。
今回のことを教訓に、森林伐採など良いわけ無いだろう。自然破壊、生態系を変えてしまう最も環境に悪い行為では無いだろうか。

そもそもソーラーパネルに使われているシリコンは世界の50%以上がウイグルの強制労働により生産され、中国と合わせると80%が生産されていると言われています。(アメリカはこのシリコンの輸入を禁止した)

設置すれば環境に悪い、使えば(パネルの購入)ジェノサイドに加担することになる。
中国製以外で仕入れると言っても、現在5倍以上高騰しているので割に合わないだろう。それに設置しても20年位しか持たないので、メンテナンスや交換を考えると決して太陽光発電はお勧めできない。

 熱海のソーラーパネル設置業者が韓国企業だと言う噂が流れているが定かでは無い。隣の伊東市に設置する業者は韓国企業が絡んでいるような話は聞いたことがある。
なんで韓国なの?と首をかしげるばかりです。どうせお願いするなら国内企業に頼むのが筋だろうと思うのは私だけだろうか?本来、太陽光発電は使用すべきではない。静岡県は太陽光発電がやたらと多いが、利権が絡んでいるのだろうか?

太陽光発電を斡旋あっせんすれば中国に利益を与えるばかりかジェノサイドに加担することになるので、世界の歩調とは真逆の動きになり最終的には日本が新中国家認定されハブられるだろう。

 中国は日本の国土を買い占めています。特に静岡県は狙われていて、熱海はかなり買い占められていると思われます。

こうしたことから、そろそろ平和ボケから卒業して、特に中国や韓国から我が国を守ることを意識して欲しいものです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる